消臭スプレー編

消臭スプレーを使って車の中の臭いを消すことができます。
スプレーはカーショップやホームセンターなどで販売されているのですが好みによって選ぶといいでしょう。無臭のタイプのものは臭いの原因となるものを根本的に消すのが特徴です。
香りのついているタイプもありますが、臭いを消してその後にさらにいい香りつけるものが最近多くなっているので決して香りでごまかしているわけではありません。
スプレーの使い方ですがシートや床などに吹きかけるといいでしょう。
大体は二回くらいショットすれば効果があります。
あまり近くから吹き付けると効果のある範囲が狭くなりますし、べとべとになるので適度に離してから吹きかけてください。
この時に注意しなければいけないのは革のシートには吹きかけないことです。革製のものに吹きかけると劣化してしまうからです。シミの原因にもなります。
また金属部分にも吹きかけないようにしてください。
もしもそのままかけたままにしてしまうとスプレーが結晶化されてしまいます。もしもついた時にはすぐにタオルなどでふき取るようにしましょう。
またエアコンの中から臭いにおいがすることがあるのでこの中にもスプレーを吹きかけておくようにしてください。

Comments are closed.