消臭方法と種類

車の中の臭いは、煙草や体臭、ペット、エアコンのカビ、釣りに行ったときの魚の臭いや、臭いが強い物を運んだときにもついてしまうことがあります。
車のための消臭剤や芳香剤は多く販売されていますが、主に次のような種類があります。

マスキングは、よく使用されている方法で不快な臭いを別の香りで紛らわす方法です。
芳香剤などで誤魔化しますが、実際には不快な臭いは消えないで、更に不快な臭いと芳香剤が混じってしまいますます不快になることもあります。

吸着タイプは、臭い分子を閉じ込める方法で活性炭などがあります。
このタイプはどんな種類の臭いでも物理的に吸着するので有効的ですが、飽和状態になると効果がなくなり、吸着された臭い分子が再び放出されることもあります。
臭い事態を無臭化させるわけではありません。

生物的なものは、臭いの多くは雑菌が作るのでその原因となる菌にアプローチするもので、殺菌剤などがあります。
そして、反応式(イオン)は、臭い分子を臭わない形に変形させて、臭いそのものを無臭化させます。
一度無臭化された臭い分子は再び臭いを出すことないので、素早く消すことが出来て容量も大きいです。
販売されている商品は、このどれかを組み合わせたりして臭いを消しています。

Comments are closed.