光触媒スプレー編

光触媒スプレーは、チタンなどが光によって活性化し、触媒効果を発揮する事で汚れや、臭い、ウイルスなどを分解するために使用されます。このような光触媒で分解できるものは有機物です。無機物は分解する事ができないため、泥汚れや顔料のような汚れは分解されません。臭いや、ウイルス、菌は有機物ですから、分解する事で、消臭、除菌、抗菌などの効果があります。
そして、光触媒には紫外線に対応しているか可視光に対応しているかで2種類の製品があります。紫外線対応型は紫外線が多い状態で効果がでるように設計されています。そのため、UVカットが施されたガラスの内側ではその効果は落ちてしまいます。そして、可視光対応型は紫外線領域の光が当たらなくても消臭効果がえられます。そのため、UVカットされたガラスが使われている車の場合には、可視光対応型のものでなければ効果が得られません。つまり、可視光対応型であればどのような場所でも使えるのですが、価格が可視光対応型のものは高くなります。UVカットがされていない車内であれば、安いUV対応型のものを使っても効果がありますが、UVカットされたガラスもしくはフィルムを張っていると、どうしても高い可視光対応型のものを使わなければなりません。どちらのタイプのものが良いのか、表示を確認することが必要です。

Comments are closed.