芳香剤編

車に積載する物として、購入する頻度が最も高いのが芳香剤と言えます。
香りは、車内の悪臭を解消してくれるだけではなく、リラックス効果などもあります。
神経を研ぎ澄ました状態の続く車の運転において、リラックス効果というのはとても重要な役割です。
車内は、閉ざされた空間なのでパーソナルスペースが確保されており、自分一人になれます。
ところが、完全な個室のために空気が薄くなりやすいのです。
空気が薄くなると思考回路も鈍くなってしまい、判断に時間がかかります。
車を運転する状況下において、判断に時間がかかるというのは避けたいものです。
そこで、香りの放つ物を置いておくと良いのです。
香りにより、違った思考を行うことも可能ですし、気持ちを切り替えることにより惰性で運転を続けるという危険性が無くなります。
そして、車内で食事をした際などに気になる悪臭も解消してくれます。
時間が無くてやむなく車内で食事を行うということは珍しくありません。
そのような時に、香りで消臭すると同乗者に対して失礼が起きません。
特別な工事が必要なく置くだけで香りが楽しめるので、おすすめです。
是非、愛車に置いてみましょう。
運転中の心構えが変わります。

Comments are closed.